外反母趾原因

外反母趾は、足の親指が人差し指の方に曲がってしまうことを言います。
ひどくなってしまうと、痛みを伴います。
また歩くことができなくなってしまうケースもあるくらいです。
この外反母趾、以前はハイヒールなど先の細い履物で毎日歩いているのが原因だと言われていましたが、実はハイヒールが原因と言うわけではありません。
それは足の裏の筋肉や足指の力が弱っていること、または歩き方の問題があるのです。

このようになってしまうのは、靴の選び方をまったく知らない、歩き方がとても悪い。
また足の裏の筋肉や足の指が弱いと言う原因が大きいのです。
外反母趾の原因は、アイテムではなく自分自身の普段の歩き方などになったことは驚く人もいるのではないでしょうか。
もちろんハイヒールのように足に負担のかかるものばかり履いて歩くことでもなってしまうこともりますので、自分にあった靴を選ぶことで、その今までの歩き方にも改善がみられるようになっていきますし、正常に歩くことで衰えている筋肉を鍛えることができるようになります。

また、外反母趾を防止するグッズも今はありますし、自宅でできるエクササイズもありますので是非試してみて欲しいと思います。
外反母趾がひどくなってしまうと、最悪のケースでは手術が必要になることがあります。
そうなってしまう前に防止していくことですね。
意外な感じがするかもしれませんが、子供にも外反母趾はあります。
子供の場合は、まだ成長段階の体ですので、この時期に足に合わせた靴を選びましょう。



■推奨サイト
歩き方の問題から起きる外反母趾の治療方法がわかります。参考にしてみて下さい →→→ 外反母趾 治療